蘇る風光~東北・会津~ 竹島善一写真展

蘇る風光~東北・会津~ 竹島善一写真展

yomigaeruhuukou_omote2

yomigaeruhuukou_ura2

会期:令和4年6月18日(土)~7月10日(日)

会場:三島町交流センター山びこ・ギャラリー

(福島県大沼郡三島町名入字諏訪ノ上418)

竹島善一ギャラリートーク:6月18日(土)14:00~

開館時間:9:00~17:00(最終入館16:30)

休館日:月曜日

入場料:無料

主催:奥会津書房

後援:三島町教育委員会・只見川電源流域振興協議会・奥会津五町村活性化協議会・福島民報社・福島民友新聞社・福島テレビ・福島中央テレビ

 

竹島善一

昭和10年(1935)東京生まれ。

先代よりの稼業、うなぎ店を生業とし、半世紀をかけて会津の撮影行を毎週続ける。

 

私は記録者であって写真家ではない。

人々の生きている姿、情景に共感を覚える、

ひたむきな人間の営みは美しい。

真に美しいものとは悲しいものだ。

 

 

竹島氏の撮影行は、自らの心象風景を探す東北から始まった。

その帰りの列車で迷い込んだのが、会津との出会いだった。

写真から響いてくるのは、記憶の彼方で純化されたエコー。

この世ならざる場所からのさまざまな響きは、時を経るごとに鮮明さを増してくる。

彼の人にいっとき心を込めて見つめられた風景たちは、慟哭や安らぎの心象を閉じ込めて、永遠へと繋る命を得た。